グリーンの小鉢を追加しました

おかげさまで、ガーデンズシネマの泡沫出張ブースが好評なようす。うれしいなぁ。
昨日持って行った”読書の友”も全部買っていただいたようで、ありがたいかぎりです。
読書の友は家で食べることを想定して作っているので、再封することができないし変なふうに破れて開くことが多く、食べきれなかったときに持ち帰るのが難しいという問題点がありました。
今度は映画館でも食べやすいように、ふた付きのカップ形式で『映画の友』として販売予定です。

多肉食物の若緑もすぐに出てしまったので、プレクトランサスの小鉢を持って行きました。
上部の直径9cmほどのちいさい鉢です。
窓辺やテーブルの上に置くのにちょうどいいサイズかなーと思って作りました。


プレクトランサス ¥400

例によってくわしい育て方など書いていません。
お手数ですが、便利なインターネットで各自お調べください。
基本的には丈夫な植物です。わたしは一度全滅しかかったのを、これくらいの量から再生して、今ではわっさわっさと増えていますよ。

ガーデンズシネマでハーブティー販売中!

ガーデンズシネマで上映中の「ぼくを探しに」。
その中で、主人公の青年がハーブティーを飲んで自分の過去に会うシーンがあります。(実はこの映画を見ていないので、予告&内容の見聞きで書いてます)

ぼくを探しに【予告】/シルヴァン・ショメ監督

「それに関連してハーブティーを販売しませんか?」と声をかけていただき、今日の朝設置してきました。


●いろいろ楽しみたい方には、お好きなハーブティーを選べるバラ売りタイプ。(@¥50、3個〜いくつでも)
●好きなハーブティーをたっぷり飲みたい方は、箱入りを。すこしお得です。(¥700〜)

その他、乾燥・イガイガ対策に”のど飴3個セット”(¥150)、先日ブログに書いたシリアルバー”KIND”(かろうじて1本残っていました)、劇中でグリーンに囲まれた部屋でハーブティーを飲むのでそれにちなんで”多肉植物(若緑)”の小さい鉢(¥400)もありますよ!

家でハーブティーを飲みながら映画の余韻を味わって、ついでに自分が探せたりしたら一石二鳥。
雰囲気を出すために、テーブルにクロスをかけて、グリーンを置いて、鮮やかなカップでどうぞ。
さぁてさて、どんな光景に出会えるでしょう?

※12/5(金)まで上映です。

追記:さっき思い浮かんだこと。
サーモマグとかマグポットとかにお湯を入れてきて、購入したティーバッグで作れば、映画を観ながらハーブティーを飲めるよなー、と。ガーデンズシネマさんに確認しましたらOKとのことでしたので、ぜひご利用ください!
なお、販売しているのはティーバッグです。お湯のサービスはありませんので、各自でご用意ください。

10/12(日)天文館フェスタの出店は中止になりました

台風接近のため、明日の天文館フェスタは中止です。
みなさまもくれぐれも突風・強風にご注意のうえ、よい連休をお過ごしください。

////////////////////////////////////////////

さてさて、お次のイベントは「リバーサイドマーケット」です。
この愛らしいフライヤーを、いろんな場所で目にした方も多いと思います。
と・く・に!にゃーたちのかわいさったら!帽子がお似合いです。
 

第2回リバーサイドマーケット
10/26(日)10:00〜16:30
甲突川右岸 芝生広場周辺(ナポリ通り側)


泡沫の出店場所は、高麗橋のたもとあたりです。
オーガニックのものは、お茶・お菓子関係にわりと力が入りそうです。
たぶん、キリッとつめたい風が心地いい時季だと思います。
出店してるお店がバラエティに富んでますので、1日楽しめそうです!

トークショーはつつがなく終了

3~5日の「古書目利き市」にお越しいただいたみなさま。
そして、泡沫のモゴモゴトークショーを聴きに来てくださったみなさま。
本当にありがとうございました!!!
しかし、ひさしぶりの長期立ち仕事で腰が痛いという、古ぼけた体がうらめしい。

はじめてのトークショーでしたが、鴻池さんのサポートのおかげでわりに自由にさせていただきました。
そのせいもあってか、多少の手のふるえなどはあったものの、思ったより緊張しませんでした。あーよかった。
だけどもっ!前半は後ろの方まで声が届いていないという(もちろんわたしの声だけ)、トークショーでは致命的な失敗が!
さらに、自分でも「おや?このまま行くと着地点がないのでは?」と思うほどまとまりを欠いた話も多々あり。
それでも最後まで聞いてくださって、ささやかな達成感と会場のやわらかい雰囲気とが混じり合って、しっかりと毛穴からしみこみました。
反省点も多々、多々、ありますが、トークショーやってみてよかったな、と思いました。
きっかけを作ってくれたつばめ文庫の小村くん、ありがとうございました。

///////////////////////////////////////////////////////

泡沫ベランダ植物記。
初夏くらいに植えて、そのままにしてたオクラが実りました。


えー、どうしてだろう。どことなく不吉な暗示を想わせるような写真に…!
きれいな青空を背景に力強い植物の姿を撮ったのに、どこにもその片鱗すらうかがえない。やはり写真は撮る人の心を映すのか!?
しかし、オクラってこんなふうに実るんですね。知らなんだ。



プレクトランサスの花がいっぱい咲いてました。
いつもは、この花のついてる方をベランダの外壁側にたらしているので気付きませんでした。でっかい紫蘇の穂のような、薄いむらさき色のかわいらしい花です。
ハンギングにしているのもあって、そっちも植え替えてからよく成長しています。以前は根が張ってギチギチだったんでしょうね。
花が付いた鉢は、ガンガン直射日光のあたるところに置いてあるので、やはり葉は黄緑になりました。そして割と硬い手触り。
直射日光が当たったとしても午前中の柔らかい日差し、その後は明るい日陰、風通しがいい場所がいちばんいい生育状況のようです。

栗の渋皮煮はおいしかった、よかった!

丑三つ刻あたりまでかかって煮た渋皮煮。はじめてにしては、わりかしうまく仕上がったと自画自賛しました。
そして、アク抜きの時にできる深い赤色の水(渋皮から色素が出る)。
「これを染物に使わない手はない!!」と、ふきんとガーゼハンカチをつけました。
以前あずきの煮汁で染めたものより、赤が強く染まりました。白雪ふきんは、色に飽きたり汚れてきたらこうして何かのついでで染めます。

なんだかんだで2日ほど放置。もしかして、しっかり色づいた?水洗いしてみたら、元色を透明度50%にしたような薄さに…やっぱり色止めしないとなぁ。
でも、明日のトークショーのことも考えたいし…
というわけで、まさかの3日びたし。明日帰ってから、余力があったら色止めするぞ!

//////////////////////////////////////////////

いよいよ明日です。渋皮煮と同じくはじめてのトークショー!

-------------------------------------------
10/5(日)16:00~17:00
マルヤ4F D&DEPARTMENT(古書目利き市の奥のスペース)
タイトル【村上春樹がわからない】
-------------------------------------------

今日はトークショーをよくされてるお二人だけあって、聴き手との距離感とか、楽しんでもらおうとか、ひきつけ方がさすがだなぁと聴いていました。
わたしたちの話は、またちょっと違う方向からなので、2回とも聴く方もフムフムと聞いていただけると思います。
お出かけ前に、あたたかい眼差しを1対、バッグに忍ばせるのをお忘れなく!

今日は朝から野菜欲がすごーく高まっていました。
夜ごはんは、ブロッコリー&パプリカの蒸したの。みそディップ、オリーブオイルと塩で食べました。
そうそう、これ。こういうのが食べたかったんだ!!
野菜欲もスッキリ満たされたし、ヨギティー(ベッドタイム)を飲んでよく眠ろうと思います。

わたしの恥ずかしい過去(一部抜粋)

きっと、トークショーでは話さないと思うので、わたしが村上さんの小説に影響を受けてやったちょっとはずかしいことを大公開!

●すみれのようにポケットにジャック・ケルアックの文庫をつっこんで闊歩(スプートニクの恋人)
●「いわし」という猫の名前に惹かれ、持っていたぬいぐるみにいわしと名付けた(羊をめぐる冒険)
●レモンドロップをなめて路地裏を歩いた(ねじまき鳥クロニクル)
●ロッシーニの泥棒かささぎを背景音楽にスパゲッティを茹でた(ねじまき鳥クロニクル)

思い出したのはこれくらいです。この行動もどうかと思うけど、ぬいぐるみを所持してたってのもねぇ…はずかしさで首がもげそう!
ケルアックは「路上」だったかなー?結局読まなかったけど。
誰にだって痛々しい過去があるという話でした。

///////////////////////////////////////////////////

イベント用に作った「友シリーズ」2種。
読書の友”と”酒の友”。

読書の友:ドライフルーツ&カカオニブ
自分用にもちょっと取り分けました。コーヒーと一緒に食べるとおいし〜い!!
カカオニブの「俺、カカオだぜっ!」ないい香りが、ドライフルーツの甘さと相まってチョコレートみたいになります。プレーンなシリアルと食べたらおいしそう。

酒の友:塩味のナッツ
スティック状のクラッカーのようなのは、ごま風味。ナッツの歯ごたえとちょっと違うからいいアクセントになってます。
こりゃー1杯飲まずにはいられませんなぁ。

おすすめなのは、両方を混ぜて甘いのしょっぱいのにすることです。
ただし!甘辛混合味のお好きな方はご用心。止まらなくなるかもしれませんよ。
わたしが実際そうでしたもの…でも、でも、おいしいのです!

マンガのことをいろいろ考えた日

9/28に行ってきた講演、「佐々木マキさんのマンガとガロの時代」。
熊本で「キララ文庫」という漫画専門(だったと思う)の古書店をされている方が講師。
まず驚いた&残念だったのが、IKKIが廃刊になること!
そんなに熱心な読者じゃなかったけど、高梨さん/太田基之、すみれファンファーレ/松島直子、群青(表記は君の下に羊)/中村珍、という新しいマンガに出会えました。
山本直樹も描いてたんですね。破戒、好きだったなー。

そして、漫画が低迷期だとおっしゃってて、やはりそうなのかと。
こう長く読んでいると、なかなか「おぉ、これは!!」というのに出会えず、結局昔のマンガに行ってしまったり、読みなおしでお茶を濁したり。
巷で流行っている漫画の流れが透けてしまう…というのでしょうか。ツッコミの言葉に冴えがない気がします。

その観点からいくと、東村アキコはすごいなぁといつも思います。
あれだけ量産しててまったく質が落ちない。言葉のセンスがあって、作中に溶け込ませるのがうまい。
そうそう、新作の「東京タラレバ娘」は新境地だー!!と勝手に盛り上がって、どう展開するのか?心理描写はどうなる?とわくわくしています。
テンパリストで書いてたのが、下ネタが一切だめということ。今までの作品でも、恋愛要素はかなり薄いです。ところが今回は直球。さァ、さァ、どう描くのさ〜〜!!
ふー。このようにドンドコ祭り状態でした。

話は元に戻って。
佐々木マキさんは60年代から活躍された方で、ガロに掲載されていました。
90年代の根本さんが描いてる頃のは見たことあったけど、60年代のは初めて。かなりの冊数を実際に読ませていただき、太っ腹さに感服。
(日野日出志も同時期に掲載されていて、読めたことに感動!名作「はつかねずみ」を連想した…あら?タイトル忘れた…金魚を飼ってる男の子の話。とか。)
佐々木さんのマンガは、どことなく宇野亜喜良のタッチも感じました。ほとんどセリフはなく、イラストで進んでいきます。こういう自分で話を想像していくのって好きです。正解などないんだし。
そういえばまだ姪っこがちいさい時、「羊男のクリスマス」(絵本)がやたら好きで読むのを要求されるって妹が言ってました。なにが気に入ったのでしょうね。

これからのマンガは絵だけになっていくのでは?という話もされました。ふーむなるほど。
わたしはわりとストーリーや細かいセリフに反応する方なので、どっちも進化していくといいなぁと贅沢なことを思っていました。
漫画は本当にすばらしい日本の文化だと思います。それを追求されている橋本さん(講師の方)。なんだか、少しだけ励まされたような気分になりました。

D&Dにて、10/5の16時から”トークショー”するんですよ!このわたしが!

『ねぇ、ほんとにキミって人間が人の前で話すことができるのかい?』
「軽い気持ちで引き受けて、意外とできるんじゃない?なんて自分の能力を目測したんだけど…あれ?これ大丈夫?わたし…と思ってる。でも、したことないからやってみなきゃ分かんないし。今年は受け入れる年だし。」
『ふーん。そうか。それならやってみればいいよ。』
「そうだね。やってみるよ。」

しばらく前につばめ文庫の小村氏に話を持ちかけられまして。
承諾したものの日が近づくにつれ惑いが生じ、自分の中の寄り添い励まし器官(上記参照。ちょっと芝居がかることが大事。)に励まされ、数日後のトークショーに挑むことにしました。

///////////////////////////////////////////////////////////////

10/5(日) 16:00〜17:00
マルヤ4F D&D(古書目利き市の横のスペースでします)

トークテーマは村上春樹さんです。いわゆる【読み解く】的なものではないです。
大好き過ぎて暗唱できる方も、読んだことない方も、エッセイだけ好きって方も、井戸掘りが趣味な方も、聞きに来てくれたらうれしいです!
※前日は、「つばめ文庫×詩と、サンドイッチ。」両氏のトークショーがあります。こちらも16時から。

///////////////////////////////////////////////////////////////

さっき対談相手の方と会って(初対面)、どんな流れにするかある程度決めました。
(わたしは初めてのトークでどうなることやらですが、お相手の方はしっかりした方で講演経験もある方なのでご安心ください。)
トークショーまでに、何か読もうかそれともこのまま読まずに沈澱してる感覚を揺すってみようか。すこし迷ったけど、とりあえず村上さんのインタビューを読むことに。

しかし、ただ話す(たれ流す?)のは簡単だけど、聴く人にわかるように話すのってむずかしい。
うーむ。考えてもしょうがない。ともかく、村上さんの小説は唯一無二であって、明らかにわたしの血肉になっていて、こんな機会を授かって光栄で、それを還元できたらなーと思ってるということ。これを胸に臨みます。
緊張してきたら、ぼんやりさんのうちの白猫を想い浮かべてリラックスだ!
ということで、10/5(日)の16時から聴きに来てくださいねー。

秋のにおい

無沙汰いたしております。あっという間に、秋。
長そで長ズボンをちょいちょい出していたら、カビてるの数点。がっくりな初秋です。

自転車で買い物に行く時、近所のイチョウ並木を通りかかったら銀杏のにおいが。
落ちた銀杏がつぶれて例の独特なにおいを放っています。
拾いに来てる人もいて、そうか、これって食べものなんだよなと。下処理が大変らしいけど、おいしいですよね。

もうひとつはカメムシ臭。大発生とまではいきませんが、マンションの踊り場の壁にぽつぽつとまってたり床に寝て(死んで?)たり。
こちらも哀れ踏まれてワイルドなにおいを放っております。

以上、「あ〜、秋だなぁ」と思いました。嗅覚で感じる秋もよいものです。

///////////////////////////////////////////////////////////

10月は3回イベントに出ます。お誘いいただき嬉しいかぎりです。
さぁ、カレンダーに書きこもう!

3〜5日 ●古書目利き市 【マルヤガーデンズ4F D&DEPARTMENT】10〜20時
(※「古書目利き市」では、慣れないことに挑戦することにしました。これから打ち合わせをして―ですが、決定しましたらお知らせいたします。曖昧模糊な説明ですみません…
11、12日 ※12日は、台風接近のため【中止】になりました。
●天文館まつり 【ぴらもーる内 
手芸の店まきのに変更になりました】11〜16時
26日 ●リバーサイドマーケット 【甲突川沿い 観光交流センター〜高麗橋の間あたり】10時〜16時半


『古本』をメインに、『オーガニックのもの』も出品します!
あとは以前のイベントで好評でした”読書の友”。今回はドライフルーツ色々にカカオニブを入れたものにしました。
カカオニブは甘みは全くなくて、食感はポリコリしています。カカオ80%チョコレートなどのチョコレートから甘さを取った感じ。ドライフルーツの甘さとやや酸味のあるカカオニブはすごく相性がよろしいです。
新たに”酒の友”なんてのもできました!塩味のナッツ数種入り。ビールやワインやウィスキーや、ともかくお酒と合うのでございます。

『オーガニックのもの』は、ハーブティー、チョコレート、ビスケット、ココナッツオイルなど。
オーガニックでなければならん!!という強い意志はありませんが、手に入って楽しめて仰天の高額でなければその方がいいかもね程度のオーガニック好きです。
いつもとちがう味を試してみっか、の気軽さでお求めください。

今ハーブティーをよく飲んでいます。(おヒゲ氏いわく、「たまにお茶にはまる時期があるよね」。あぁ…そうね…。でも!今度は長そうな予感!)
トゥルシーというインド原産のハーブのお茶。
わたしは薬草茶が好きだから、このなんとも草っぽいのがおいしく感じるけど、癖のあるお茶飲めない人には厳しいかも。
香りも爽やかなハーブティーというよりは、雑草を煎じたような身体によさそうな匂い。
この手のお茶が好きな方には、ぜひおすすめしたいです!!
これも出品していますのでお試しください。そして「おいしい☆」と言って欲しい!
 

明日27日は甲突川沿いの「リバーサイドマーケット」に出ますよ〜!

ゴールデンウィーク目前の日曜日。
GWがお休みのみなさまの浮足立ちが街に満ちているこの時、甲突川沿いで心躍るイベントが開催されます!

////////////////////////////////////////////////////
第1回 リバーサイドマーケット
日時:4/27(日)10:00〜16:30
場所:歴史ロード 維新ふるさとの道(南州橋〜高麗橋間の甲突川右岸)
   【維新ふるさと館の横です】
●コーヒー、焼き菓子、パン、スープ、アンティーク、絵本、ステンドグラス、花…など目移り必至のお店が20店!!

※イベントの定番【小銭&マイバッグ】をお忘れなく!!
////////////////////////////////////////////////////

「週末は雨模様」と予報で言ってたので心配でしたが、さっき明日の天気を見たら雨は降らなさそうです。よかった、よかった。

泡沫は、古本販売をメインに、雑貨少々、読書の友(ナッツ&ドライフルーツ詰め合わせ)を販売します。今回はおヒゲ氏も休日なので、2人で店番です。きっと、2人とも本を読んでぼへーっとしていることでしょう。川沿いで気持ちよさそうだし。

そうそう、このイベントは「ドレスコード」なるものがあって、「どこかに和を取り入れて下さい」とのこと。
なんか使えるかしら?と、押し入れにあった帯締め/帯揚げを出してみたものの、以外に難易度高し。うっかりしたらだいぶ間違った人になりそう。
明日の準備もだけど、こっちも考えなくちゃ。準備遅延癖のある自分へ罵詈雑言をあびせつつ、妙案が出ることを祈ろう…
というわけで、各お店の方々の服にも目を向けるとさらに楽しいと思います。

うららかな陽の下、皆様とお会いできることを楽しみにしてます!


読書の友 ¥200(前回のマルヤでのイベントで好評だったので、再登場)


                

●About





                         

●Facebook

        
        古本泡沫 Facebook page         
        

●メルマガ「泡沫の気配がする」

イベントや新メニューのお知らせなどをお送りいたします。「いつも泡沫の気配がする…」ようなメルマガを発行していきます。ご登録よろしく願います!

メールアドレス↓
※携帯アドレスでご登録の方は、受信設定をご確認ください。
発行元アドレスは【utakata@mm.manosu.boo】です。

●calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

●my favorite BOOKS!

●selected entries

●categories

●archives

recent comment

  • 泡沫サロンVol.2『面妖な万華鏡』参加者募集中!
    泡沫
  • 泡沫サロンVol.2『面妖な万華鏡』参加者募集中!
    のほほん
  • みなさまありがとうございました!
    泡沫
  • みなさまありがとうございました!
    amenohito_
  • みなさまありがとうございました!
    泡沫
  • みなさまありがとうございました!
    通りすがり
  • みなさまありがとうございました!
    たまに栗拾古書店
  • GWは泡沫再開します、ぜひ来てね!
    泡沫
  • GWは泡沫再開します、ぜひ来てね!
    ちゃっぴー
  • GWは泡沫再開します、ぜひ来てね!
    泡沫

recent trackback

●profile

●search

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM